プロジェクトの目標

目的

知識/技術に加え、(1)EQを備え、(2)開発から応用までの全体像を十分理解し、基礎医学/臨床/医療サービス/医療政策分野において現場での変革につながる成果を出せる人材を養成する。

取組内容

(1)の達成のために、EQを低学年時から(ア)ワークショップ等で反復学習し定着させ、高学年時や卒業後に(イ)ワークショップと教室外取組よりなるAction learningにて習慣化する。

(2)の達成のために、既存学部教育に加え(ウ)必須講義として医学/医療に変革を齎した発見/薬剤開発紹介、基礎臨床医学知識統合、レギュラトリーサイエンス、臨床試験プロトコールコンテスト/模擬倫理審査を、(エ)選択コースとして学生対象抄読会やリサーチセミナー、臨床試験管理部門・製薬/機器開発企業/医療行政当局審査部門での実地研修機会を創出する。
・(ア)〜(エ)よりなる”イノベーター養成プログラム”を新設する。

pic_01