new

平成29年度 日本のイノベーションラボ見学ツアーを開催しました

イノベーター養成プログラム履修生を対象に、12月26日に今年度の「日本のイノベーションラボ見学ツアー」を開催しました。

 

今回は、日本の情報通信産業をリードするNECイノベーションワールドの品川ショールームを訪れました。

最初に、主にAIの技術を用いたNECの取り組みについてお話がありました。

世界最高技術であるという顔認証システムや声認証システム、また予測モデルによる解析や群衆行動解析など様々なシステムに

ついて、具体例とともにご紹介いただきました。

特に、健康、医療分野におけるAIの活用として、画像認識技術を応用としたスクリーニングシステムや、生態解析を応用した

患者行動の検知システム、あるいは薬剤開発の応用まで幅広い取り組みについて詳しくご説明いただきました。

その後、展示ブースへと移動し、実際のシステムについて見学および体験をさせていただきました。

顔認証技術や視線認証技術など実際に体験することで、想像以上に素晴らしい技術であることを実感しました。

 

今回の見学ツアーでは、リフレーミング体験、短時間のワークショップも行っていただきました。

リフレーミング体験は、ある課題を”自分事”としてとらえることでアイディアが出やすくなるとともに多様な価値観を感じる

ことのできる優れた手法であり、私達のプロジェクトにも是非活かしたいと感じました。

また、ワークショップでは、見学したAIをどのようなアイディアとして活かせるか考える、というものでした。

短い時間でしたが、様々なアイディアが出ており実際に実現させたいと思うものばかりでした。

最後にセンター長から、「ワークショップでは人に寄り添ったアイディアがたくさん出ていたこと、アイディアが短時間に

たくさん出ていたことに驚いた」とうれしいお言葉をいただきました。

 

今回の見学を通して、未来のことだと思っていた様々な技術が、既に実現し、利用されている事例を多く知り、テクノロジーの

日進月歩を実感しました。

現在イノベーター養成プログラムで取り組んでいる課題について、このような優れた技術を活かしたいと考える学生も多かった

のではないでしょうか。

 

本ツアーにイノベーター養成プログラム履修生43名が参加しました。

 

日時:平成29年12月26日

場所:NECイノベーションワールド