new

平成29年度EQ特訓ワークショップWS2-①を開催しました

イノベーター養成プログラム3期生を対象に、6月18日と25日の2日間にわたって

EQ特訓ワークショップWS2-①を開催しました。

2期生の有志の学生もチューターとして参加し、ワークショップの進行をサポートしてくれました。

 

今回のMLTは、主にチームにおける意思決定とコンフリクトについてフォーカスした内容と

なりました。

優れた意思決定に必要な事項について演習を通してその重要性を実感し、そのアプローチとして

ダイヤモンドデシジョンモデルについて学びました。

また、チームの成長過程において生じたコンフリクトの対処の仕方が、

チームの明暗を分けること、コンフリクトを健全なものとすることの大切さを学びました。

 

 

デザイン思考に関しては、まずその概念やプロセスを復習し一つ一つのステップについて再確認しました。

その後innovation balanceについて学び、特にチームにおける役割については、自信のあるスキル、

習得したいスキルを認識し、イノベーションチャレンジに取り組む際に意識するように心掛けました。

また、creativityを意識し、brainstormでは思いついたらためらわずに

できるだけたくさんのアイディアを出していく事を心掛けました。

今回の課題では、タッチポイントについて注目し、プロトタイプを作成しました。

その中で、ビジネスコンセプトについても考慮しました。

作成したプロトタイプはチームごとに発表し、フィードバックを行いました。

フィードバックを受ける側、与える側をそれぞれ経験することにより、フィードバックの重要性を

認識することができました。

 

 

 

今回のワークショップでは、これまでの復習を行うとともに、新しい事項について多数学びましたが、

どの学生もしっかり理解できている様子でした。

ワークショップで学んだ事を日常生活でも意識し、是非活用していっていただきたいと思います。

 

日時:平成29年6月18日・25日

場所:M&Dタワー大学院講義室