new

平成28年度 第1回ジャーナルクラブを開催しました

11月22日にイノベーター養成プログラム履修生を対象に、今年度の第1回目ジャーナルクラブを開催しました。

 

今回はiPS細胞に関するReviewを1期生と2期生のグループが担当し、1期生が指導役となって、2期生が発表しました。

まず、論文についてスライドを用いて説明した後、TBL形式を用いた聴衆参加型の発表となりました。

 

IMG_7919(1)

スライドでは最初に、iPS細胞とは何かということについて簡潔な説明があり、その後安全性、分化の効率、有効性についての

この10年間での研究・進歩について、更にiPS細胞を用いた医療や研究への応用についてもわかりやすくお話がありました。

論文の内容についてのプレゼンテーションの後、発表者が作成した確認テストを各自解いてもらい、理解を確かめました。

 

IMG_7932(1)

 

その後、1-3期生を混合した3チームに分かれ、「今から10年後のiPSイノベーション研究所で行われた成果」というテーマで、

そのゴールと途中の経過で必要な事項について考えてもらいました。

絆創膏を作り肌や髪の毛の色などを好みの色に変えられる、鳥の翼を人に移植する、おいしいウシ由来のiPS細胞から牛肉を製造する、

などユニークなアイディアがでました。

 

発表者だけでなく聴衆も積極的に参加できるような、イノベーター養成プログラム履修生ならではのイノベーティブな

ジャーナルクラブとなったのではないでしょうか。

 

 

日時:平成28年11月22日

場所:3号館医学科講義室